月間暗号資産

  • HOME
  • EXCHANGE
  • SBI VC トレード(VC TRADE)の特徴と使い方は?

SBI VC トレード(VC TRADE)の特徴と使い方は?

SBI VCトレード(VC TRADE)の特徴やポイント

暗号資産(仮想通貨)取引所にとって、業者の「安全性」は最も重要であると言っても過言ではありません。

暗号資産(仮想通貨)の特徴はそれが電子的に記録された資産であるという点で、良い面も多数あります。その一方で一部の暗号資産(仮想通貨)取引所から大量の顧客資産が流出してしまうという事件もまだ記憶に新しく、不安に思う方もいらっしゃるかも知れません。

今回の記事ではその様な「安全性」「信頼性」という点に長けている取引所、「SBI VCトレード(VC TRADE)」をご紹介していきます。

SBI VCトレード(VC TRADE)はどのような取引所か

SBI VCトレード株式会社は2016年11月に設立された会社で、SBIグループの傘下で運営をしています。SBIグループの子会社であるSBI VCトレード(VC TRADE)ですが、やはり老舗のSBIグループが蓄積した金融のノウハウがふんだんにあることが特徴的です。そのため、セキュリティ面や運営がしっかりしているだけではなく、取扱通貨やスプレッドにも信頼が置けます。

2020年11月13日時点

さらに暗号資産(仮想通貨)の領域においてはSBIグループはXRP(リップル)を中心に推しており、リップル社と提携してSBI Ripple Asiaというベンチャー企業を設立しています。

当初は販売所のみを扱ったSBI VC トレード(VC TRADE)ですが、2019年の7月31日からは板取引形式のSBI VC トレード Pro(VC TRADE Pro)のサービスも開始して通貨ペアをトレードできるようになりました。SBI VC トレード(VC TRADE)ではスマホアプリの提供がありますが、SBI VC トレード Pro(VC TRADE Pro)のほうではアプリがありません。

ではSBI VCトレード(VC TRADE)の特徴とポイントを解説していきます。

国内大手金融であるSBIグループの傘下である

SBI VCトレード(VC TARDE)がSBIグループの傘下であるために出てくるメリットはいくつかあります。

まず、国内大手銀行「住信SBI銀行」との連携がスムーズです。そのため住信SBIネット銀行からの入金だと24時間、週末も含めてリアルタイムで反映されます。

また、大手だからこその馴染深さや信頼感があるほか、顧客資産はしっかりと分別管理されておりセキュリティが頑強です。

取扱通貨数が3つのみなのでマイナー通貨での取引をしたい方は嫌煙するかもしれませんが、この点もSBI VCトレード(VC TRADE)が投資家保護のために信頼できる通貨のみ取り扱っている面がうかがえます。

SBI VC トレード Pro(VCTRADE Pro)は約定力が高い

取引所では約定力が低いと目的の値段で注文が通らず、戦略通りのトレードが出来ないということになってしまいます。そのため、暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ時には業者の約定力に注目する必要が出てきます。

VCトレード Pro(VCTARDE Pro)はユーザー間で取引が締結していく取引所形式のサービスですが、約定力の高さが特徴的です。VCトレード Pro(VCTRADE Pro)ではNASDAQの高機能マッチングエンジンを搭載しており、そのような機能を整備できるのも大元のSBIグループが大グループであるメリットといえるでしょう。

取引手数料を含め様々な手数料が無料

暗号資産(仮想通貨)取引所に限らない話ですが、取引所で取引をするたびに手数料が発生してしまうと、ユーザー目線から考えると利益が出にくくなってしまいます。

ですが、SBI VCトレード(VC TRADE)では取引手数料が無料となっているため、取引の度に発生するコストが低く抑えられています。他にも暗号資産(仮想通貨)の送付にかかる手数料がなく、住信SBIネット銀行を利用した入金なら手数料が50円しか発生しません。

SBI VCトレード(VC TRADE)はスプレッドが比較的狭い

SBI VCトレード(VC TRADE)は販売所形式ですが、スプレッドが比較的狭い点もポイントの1つです。

スプレッドが広い業者だと、注文のたびに少しずつコストがかかってしまいますが、SBI VCトレード(VC TRADE)では顧客目線に立った運営をしているためスプレッドが狭いです。毎日複数の注文を出す様なトレードのスタイルの方にはありがたい特徴です。

現在開催中のキャンペーン

「新規口座開設キャンペーン(第2弾)のお知らせ
~新規口座開設でもれなく40XRP(1,000円相当)プレゼント~」

キャンペーン期間:2020年10月5日(月)~ 2021年1月5日(火)17:00まで

まとめ

SBI VC トレード(VC TARDE)は何よりも安心して取引をしたいという方には特におすすめです。取扱通貨が少ないことやレバレッジ取引が出来ないのでそこが気になる方もいらっしゃるかもしれません。日本人ならほとんどの方に馴染みのあるSBIグループが採用しているサービスであるという点は、大きなポイントです。何より基本的な取引に必要な条件は揃っているので、取引の最中に大きなストレスを感じることもなく比較的スムーズに行えます。

聞いたことのある、利用したことのある金融大手に大切なお金を預けて取引をしたいという方にはうってつけと言えるのではないでしょうか。

コインチェック GMOコイン